飼料用魚粉1kg
2024年2月の平均価格259円

最高値280
最安値147

物価高騰📈ランキング
8全145項目調査中コロナ禍前からの上昇率164%
最終更新
ブックマークする

イワシ(鰯)、カツオ(鰹)、マグロ(鮪)、サバ(鯖)等から油脂を分離した残りを乾燥したものを魚粕といい、これを粉砕したものを魚粉と呼んでいます。食品用魚粉・飼料用魚粉・肥料用魚粉の3種類が存在します。

食品用には、うま味成分・カルシウム・たんぱく質を豊富に含んだダシをとるためのだし粉として利用されています。飼料用には、養鶏・養魚飼料やペットフードとして利用されています。肥料用には、作物のうま味を向上させる効果があることから果菜類や果樹の有機肥料として利用されています。

食品用・飼料用・肥料用いずれも原料は同じですが、まず人が口にできる食用の高品質な魚粉だけが先に取り出され、その残りから飼料として使えるものが選別されます(粗タンパクを含んでいることが飼料用の条件)。最後に残ったものが肥料用になります。

魚粉の高騰・値上がり理由

  • 飼料用魚粉の主要産地であるペルーで、エルニーニョ現象によってペルー沖の海水温が上昇したことで飼料用魚粉の原料であるカタクチイワシが不漁となり、価格が高騰した。
  • 中国をはじめとした新興国での魚粉需要が高まり、需給逼迫から魚粉の国際価格が上昇した。
  • 円安が進行するほど、魚粉の輸入価格が高騰した。

動画で知る

データで見る

魚粉の国内自給率・輸入割合
自給率 32%
輸入 68%

魚粉の国内自給率・輸入割合は、自給率が32%、輸入が68%で、輸入が圧倒的に多く、輸入頼りになっています。

日本の魚粉国別輸入量 (2022年)
1位ペルー 40,246t (23%)
2位チリ 18,699t (10.7%)
3位インドネシア 10,425t (5.9%)
4位アメリカ 8,297t (4.7%)
5位ロシア 3,842t (2.2%)
...
総輸入量17万5,356t
飼料用魚粉1kgの平均価格(相場)
2019年集計158円
2019年1月162円
2019年2月162円
2019年3月164円
2019年4月168円
2019年5月166円
2019年6月164円
2019年7月162円
2019年8月153円
2019年9月149円
2019年10月147円
2019年11月148円
2019年12月149円
2020年集計153円
2020年1月150円
2020年2月150円
2020年3月150円
2020年4月150円
2020年5月150円
2020年6月156円
2020年7月159円
2020年8月157円
2020年9月155円
2020年10月151円
2020年11月151円
2020年12月155円
2021年集計162円
2021年1月155円
2021年2月156円
2021年3月160円
2021年4月162円
2021年5月165円
2021年6月165円
2021年7月166円
2021年8月165円
2021年9月163円
2021年10月165円
2021年11月164円
2021年12月162円
2022年集計210円
2022年1月164円
2022年2月166円
2022年3月179円
2022年4月207円
2022年5月211円
2022年6月215円
2022年7月216円
2022年8月219円
2022年9月233円
2022年10月238円
2022年11月239円
2022年12月236円
2023年集計255円
2023年1月232円
2023年2月234円
2023年3月230円
2023年4月234円
2023年5月245円
2023年6月255円
2023年7月265円
2023年8月272円
2023年9月274円
2023年10月274円
2023年11月280円
2023年12月267円
2024年集計261円
2024年1月262円
2024年2月259円

飼料用魚粉1kgの最高値は2023年11月に280円、最安値は2019年10月に147円で最高値と最安値の価格差は133円ありました。最新調査月である2024年2月現在の平均価格は259円です。コロナ禍前と比較した場合に164%平均価格が上昇しました。

関連品目

出典

価格上昇率ランキング