スルメイカ100g
2024年1月の平均価格238円

最高値238
最安値148

物価高騰📈ランキング
15全145項目調査中コロナ禍前からの上昇率146%
最終更新
ブックマークする

スルメイカ(鯣烏賊)は、日本海を含む北西太平洋の日本列島周辺に分布し、最も一般的なイカでマイカとも呼ばれています。スルメイカは、水温が15℃から20℃の場所を好むため、地球温暖化で沿岸域の水温が高くなると、適した水温を求めて沖合まで行ってしまうため、漁船が出せず、漁獲量は、最盛期と比べるとわずか4%ほどまでに減少しています。

イカ(烏賊)の高騰・値上がり理由

  • 地球温暖化による海水温の上昇で日本周辺でとれる漁獲量が急減し、市場に出回る価格が高騰した。
  • 原油価格の高騰に伴い、漁船の燃料費の操業コストが膨らみ、市場に出回る価格に上乗せになった。

動画で知る

データで見る

イカ(烏賊)の国内水揚量 (2021年)
1位青森県 11,721t (18.4%)
2位北海道 9,433t (14.8%)
3位長崎県 7,429t (11.6%)
4位兵庫県 5,386t (8.4%)
5位石川県 3,546t (5.6%)
6位宮城県 3,214t (5%)
7位富山県 3,101t (4.9%)
8位岩手県 1,908t (3%)
9位島根県 1,520t (2.4%)
10位鳥取県 1,454t (2.3%)
...
総水揚量63,866t
スルメイカ100gの平均価格(相場)
2019年集計163円
2019年1月157円
2019年2月155円
2019年3月160円
2019年4月169円
2019年5月169円
2019年6月162円
2019年7月155円
2019年8月163円
2019年9月164円
2019年10月169円
2019年11月175円
2019年12月158円
2020年集計163円
2020年1月164円
2020年2月162円
2020年3月166円
2020年4月170円
2020年5月184円
2020年6月149円
2020年7月148円
2020年8月163円
2020年9月162円
2020年10月163円
2020年11月162円
2020年12月157円
2021年集計168円
2021年1月162円
2021年2月158円
2021年3月159円
2021年4月168円
2021年5月173円
2021年6月157円
2021年7月173円
2021年8月173円
2021年9月177円
2021年10月165円
2021年11月170円
2021年12月176円
2022年集計181円
2022年1月177円
2022年2月169円
2022年3月181円
2022年4月180円
2022年5月181円
2022年6月169円
2022年7月172円
2022年8月181円
2022年9月192円
2022年10月183円
2022年11月189円
2022年12月200円
2023年集計218円
2023年1月202円
2023年2月210円
2023年3月212円
2023年4月216円
2023年5月212円
2023年6月201円
2023年7月225円
2023年8月234円
2023年9月232円
2023年10月219円
2023年11月229円
2023年12月229円
2024年集計238円
2024年1月238円

スルメイカ100gの最高値は2024年1月に238円、最安値は2020年7月に148円で最高値と最安値の価格差は90円ありました。コロナ禍前と比較した場合に146%平均価格が上昇しました。

関連品目

出典

価格上昇率ランキング