シラス100g
2024年1月の平均価格680円

最高値683
最安値487

物価高騰📈ランキング
24全145項目調査中コロナ禍前からの上昇率133%
最終更新
ブックマークする

シラスは、イワシ(鰯)の稚魚で、生シラスを釜茹でしただけのものを「釜揚げシラス」、釜茹で後、少し乾燥させたものが「シラス(干し)」、しっかりと乾燥させたものを「ちりめんじゃこ」と呼ばれています。

シラスの高騰・値上がり理由

  • シラスの漁獲量激減による価格高騰。シラスの不漁のはっきりとした理由は不明であるが、2017年8月下旬から続いている黒潮の大蛇行がシラスの漁場に悪影響を与えているとされる。

動画で知る

データで見る

シラスの国内生産量 (2021年)
1位兵庫県 19,834t (28.9%)
2位愛知県 9,619t (14%)
3位静岡県 5,867t (8.5%)
4位大阪府 5,196t (7.6%)
5位茨城県 3,457t (5%)
6位和歌山県 3,401t (5%)
7位大分県 3,234t (4.7%)
8位愛媛県 3,065t (4.5%)
9位徳島県 2,894t (4.2%)
10位高知県 2,719t (4%)
...
総生産量68,682t
シラス100gの平均価格(相場)
2019年集計513円
2019年1月516円
2019年2月513円
2019年3月517円
2019年4月515円
2019年5月515円
2019年6月515円
2019年7月514円
2019年8月512円
2019年9月505円
2019年10月509円
2019年11月507円
2019年12月513円
2020年集計505円
2020年1月512円
2020年2月505円
2020年3月502円
2020年4月506円
2020年5月499円
2020年6月500円
2020年7月504円
2020年8月505円
2020年9月506円
2020年10月505円
2020年11月507円
2020年12月505円
2021年集計500円
2021年1月503円
2021年2月505円
2021年3月505円
2021年4月501円
2021年5月498円
2021年6月500円
2021年7月496円
2021年8月501円
2021年9月499円
2021年10月502円
2021年11月494円
2021年12月494円
2022年集計497円
2022年1月499円
2022年2月491円
2022年3月495円
2022年4月498円
2022年5月495円
2022年6月492円
2022年7月491円
2022年8月490円
2022年9月487円
2022年10月494円
2022年11月500円
2022年12月527円
2023年集計630円
2023年1月542円
2023年2月551円
2023年3月564円
2023年4月578円
2023年5月595円
2023年6月643円
2023年7月677円
2023年8月679円
2023年9月681円
2023年10月680円
2023年11月683円
2023年12月682円
2024年集計680円
2024年1月680円

シラス100gの最高値は2023年11月に683円、最安値は2022年9月に487円で最高値と最安値の価格差は196円ありました。最新調査月である2024年1月現在の平均価格は680円です。コロナ禍前と比較した場合に133%平均価格が上昇しました。

出典

価格上昇率ランキング