蒸しかまぼこ100g
2024年1月の平均価格194円

最高値196
最安値152

物価高騰📈ランキング
41全145項目調査中コロナ禍前からの上昇率125%
最終更新
ブックマークする

かまぼこ(蒲鉾)とは、魚肉のすり身に食塩を加えて成形し、加熱した魚肉練り製品の一種。発祥については諸説さまざまある。関東では、蒸したそのままを、関西では、蒸した後表面に焼色をつけて流通したことで、関東は蒸しかまぼこ、関西では焼きかまぼこが好まれています。

原材料の魚肉のすり身に使われるのは、スケトウダラが一般的。スケトウダラの主な漁場はロシアとアメリカで、90%以上を輸入に頼っています。

かまぼこ(蒲鉾)の高騰・値上がり理由

  • すり身に主に使われるスケトウダラの主な漁場はロシアとアメリカで、90%以上を輸入に頼っており、2022年2月のロシアによるウクライナ侵攻以降、ロシアから輸出停止措置や入札等が行われなくなったことでロシア産スケトウダラのすり身が入手困難となり、アメリカ産のスケトウダラのすり身に需要が集中したことで、国際価格が上昇した。加えて円安で進行するほどに、輸入価格が高騰した。

動画で知る

データで見る

かまぼこ(蒲鉾)の国内生産量 (2021年)
1位兵庫県 53,176t (12.3%)
2位新潟県 38,476t (8.9%)
3位千葉県 35,718t (8.2%)
4位宮城県 29,677t (6.8%)
5位山口県 29,367t (6.8%)
6位愛知県 28,979t (6.7%)
7位静岡県 20,455t (4.7%)
8位北海道 16,663t (3.8%)
9位石川県 15,632t (3.6%)
10位東京都 15,084t (3.5%)
...
総生産量43万3,487t
蒸しかまぼこ100gの平均価格(相場)
2019年集計155円
2019年1月152円
2019年2月152円
2019年3月155円
2019年4月156円
2019年5月157円
2019年6月157円
2019年7月156円
2019年8月156円
2019年9月156円
2019年10月156円
2019年11月156円
2019年12月156円
2020年集計156円
2020年1月156円
2020年2月156円
2020年3月155円
2020年4月155円
2020年5月156円
2020年6月155円
2020年7月156円
2020年8月155円
2020年9月156円
2020年10月155円
2020年11月156円
2020年12月155円
2021年集計155円
2021年1月155円
2021年2月155円
2021年3月155円
2021年4月156円
2021年5月156円
2021年6月156円
2021年7月155円
2021年8月155円
2021年9月155円
2021年10月155円
2021年11月154円
2021年12月155円
2022年集計164円
2022年1月154円
2022年2月155円
2022年3月159円
2022年4月163円
2022年5月163円
2022年6月164円
2022年7月164円
2022年8月163円
2022年9月169円
2022年10月171円
2022年11月172円
2022年12月176円
2023年集計190円
2023年1月177円
2023年2月177円
2023年3月182円
2023年4月187円
2023年5月192円
2023年6月194円
2023年7月195円
2023年8月195円
2023年9月196円
2023年10月195円
2023年11月195円
2023年12月193円
2024年集計194円
2024年1月194円

蒸しかまぼこ100gの最高値は2023年9月に196円、最安値は2019年1月に152円で最高値と最安値の価格差は44円ありました。最新調査月である2024年1月現在の平均価格は194円です。コロナ禍前と比較した場合に125%平均価格が上昇しました。

出典

価格上昇率ランキング