あんパン100g
2023年12月の平均価格105円

最高値105
最安値85

物価高騰📈ランキング
51全145項目調査中コロナ禍前からの上昇率122%
最終更新
ブックマークする

あんパンは、平たい円盤の形のパンの中につぶあんやこしあんにした小豆餡を詰め、パンの表面にツヤを出すために溶き卵を塗ってケシの実(ケシの種)やゴマの実を飾りに乗せて焼き色がつくまで焼いた日本の菓子パンの一種。「あんぱん」とひらがな表記することも多い。

あんパンの高騰・値上がり理由

  • あんパンの主原料である小麦粉の高騰。
  • パンの中に詰める小豆餡の主原料である小豆の高騰。小豆の消費量のうち、国内生産が約60%であるが、化学肥料のほぼ全量を輸入に頼っており、化学肥料が高騰したことに伴い、国産小豆の価格が上昇した。残りの約40%を輸入に頼っているが、最大輸入国であった中国では2020年から中国政府の補助金が出る他の穀物への転作が進んだことで小豆の生産が減り、外国産小豆の国際価格が上昇した。
  • パンの中に詰める小豆餡の原料である砂糖の高騰。
  • パンの表面にツヤを出すために塗るの高騰。

動画で知る

表データで見る

あんパン100gの平均価格(相場)
2019年集計86円
2019年1月86円
2019年2月86円
2019年3月86円
2019年4月86円
2019年5月86円
2019年6月86円
2019年7月86円
2019年8月86円
2019年9月86円
2019年10月86円
2019年11月86円
2019年12月86円
2020年集計86円
2020年1月86円
2020年2月86円
2020年3月86円
2020年4月86円
2020年5月87円
2020年6月86円
2020年7月87円
2020年8月86円
2020年9月86円
2020年10月87円
2020年11月86円
2020年12月86円
2021年集計86円
2021年1月87円
2021年2月86円
2021年3月87円
2021年4月85円
2021年5月86円
2021年6月86円
2021年7月86円
2021年8月86円
2021年9月86円
2021年10月87円
2021年11月87円
2021年12月87円
2022年集計95円
2022年1月90円
2022年2月92円
2022年3月93円
2022年4月92円
2022年5月92円
2022年6月93円
2022年7月95円
2022年8月96円
2022年9月98円
2022年10月99円
2022年11月99円
2022年12月99円
2023年集計102円
2023年1月99円
2023年2月100円
2023年3月100円
2023年4月101円
2023年5月101円
2023年6月100円
2023年7月105円
2023年8月105円
2023年9月104円
2023年10月104円
2023年11月105円
2023年12月105円

あんパン100gの最高値は2023年7月に105円、最安値は2021年4月に85円で最高値と最安値の価格差は20円ありました。最新調査月である2023年12月現在の平均価格は105円です。コロナ禍前と比較した場合に122%平均価格が上昇しました。

出典

価格上昇率ランキング