チリ産・ワイン1本
2024年1月の平均価格605円

最高値611
最安値558

物価高騰📈ランキング
122全145項目調査中コロナ禍前からの上昇率108%
最終更新
ブックマークする

「サンタ・ヘレナ・アルパカ」又は「フロンテラ」の赤750mL、スクリューキャップワイン栓。

スクリューキャップは手でねじって簡単に開栓でき・飲み残した場合も再栓できる機能性、ブショネを抑えることができる安定性、コルクに比べたコスト面からスクリューキャップのワイン栓が増加傾向にある。

輸入ワインの高騰・値上がり理由

  • 2023年4月にガラスの高騰に伴うワインボトルの値上がりおよびの高騰に伴うキャップやラベルの値上がりによる資材費の増加・原油高騰に伴う物流費の増加から、アサヒビール・サッポロビールが輸入ワインの出荷価格を値上げした。
  • 2023年10月の酒税法改正に伴い、果実酒であるワインは750mLあたり7.5円の値上げとなった。
  • ワイン栓がコルクの場合は国際価格がさらに上昇傾向にある。コルクは、おもにポルトガルに生息するコルク樫の植樹後25年から30年後に樹皮を剥皮し、2度目以降は9年おきに剥皮を繰り返している限られた地域でのみ生産されているもので、コルクの高騰による資材費の増加がさらに影響する。

動画で知る

表データで見る

チリ産・ワイン1本の平均価格(相場)
2019年集計563円
2019年1月562円
2019年2月563円
2019年3月560円
2019年4月560円
2019年5月560円
2019年6月560円
2019年7月559円
2019年8月560円
2019年9月558円
2019年10月569円
2019年11月568円
2019年12月571円
2020年集計571円
2020年1月574円
2020年2月571円
2020年3月567円
2020年4月565円
2020年5月565円
2020年6月568円
2020年7月571円
2020年8月572円
2020年9月564円
2020年10月580円
2020年11月577円
2020年12月578円
2021年集計576円
2021年1月578円
2021年2月579円
2021年3月578円
2021年4月580円
2021年5月580円
2021年6月575円
2021年7月575円
2021年8月572円
2021年9月576円
2021年10月575円
2021年11月573円
2021年12月572円
2022年集計571円
2022年1月571円
2022年2月571円
2022年3月571円
2022年4月572円
2022年5月568円
2022年6月569円
2022年7月570円
2022年8月572円
2022年9月571円
2022年10月576円
2022年11月570円
2022年12月569円
2023年集計588円
2023年1月572円
2023年2月571円
2023年3月567円
2023年4月588円
2023年5月586円
2023年6月590円
2023年7月586円
2023年8月588円
2023年9月589円
2023年10月611円
2023年11月604円
2023年12月602円
2024年集計605円
2024年1月605円

チリ産・ワイン1本の最高値は2023年10月に611円、最安値は2019年9月に558円で最高値と最安値の価格差は53円ありました。最新調査月である2024年1月現在の平均価格は605円です。コロナ禍前と比較した場合に108%平均価格が上昇しました。

出典

価格上昇率ランキング