ヒジキ100g
2024年1月の平均価格2,069円

最高値2,069
最安値1,769

物価高騰📈ランキング
77全145項目調査中コロナ禍前からの上昇率115%
最終更新
ブックマークする

ヒジキは、比較的暖かい海で生育しやすい、日本では主に太平洋側や瀬戸内海の広域で主に収穫される海藻です。日本でのヒジキの養殖の歴史は浅く、種苗の特性把握や優良種苗の開発に向けた研究が進んでおらず、国産のヒジキはほとんどが天然物です。また国内自給率はわずか10%程度で、ほとんどをヒジキの養殖技術を確立しいている韓国と中国からの輸入に頼っています。

ヒジキの高騰・値上がり理由

  • 地球温暖化および2017年8月下旬から続いている黒潮の大蛇行の暖流の影響で高水温が続きヒジキに悪影響を与えていることで生育不良となり、国内では年々水揚量が減少して国産ヒジキの高騰が続いている。

動画で知る

データで見る

ヒジキの国内自給率・輸入割合
自給率 10%
輸入 90%

ヒジキの国内自給率・輸入割合は、自給率が10%、輸入が90%で、輸入が圧倒的に多く、輸入頼りになっています。

ヒジキの国内水揚量 (2015年)
1位日本 700t (100%)
総水揚量700t
日本のヒジキ国別輸入量 (2015年)
1位中国 2,475t (55.3%)
2位韓国 2,003t (44.7%)
総輸入量4,478t
ヒジキ100gの平均価格(相場)
2019年集計1,792円
2019年1月1,799円
2019年2月1,795円
2019年3月1,810円
2019年4月1,793円
2019年5月1,800円
2019年6月1,805円
2019年7月1,801円
2019年8月1,790円
2019年9月1,790円
2019年10月1,774円
2019年11月1,769円
2019年12月1,772円
2020年集計1,795円
2020年1月1,776円
2020年2月1,770円
2020年3月1,802円
2020年4月1,797円
2020年5月1,793円
2020年6月1,804円
2020年7月1,790円
2020年8月1,807円
2020年9月1,803円
2020年10月1,799円
2020年11月1,796円
2020年12月1,807円
2021年集計1,817円
2021年1月1,812円
2021年2月1,825円
2021年3月1,822円
2021年4月1,820円
2021年5月1,808円
2021年6月1,806円
2021年7月1,814円
2021年8月1,811円
2021年9月1,827円
2021年10月1,831円
2021年11月1,821円
2021年12月1,811円
2022年集計1,824円
2022年1月1,816円
2022年2月1,827円
2022年3月1,814円
2022年4月1,825円
2022年5月1,819円
2022年6月1,831円
2022年7月1,824円
2022年8月1,836円
2022年9月1,839円
2022年10月1,811円
2022年11月1,822円
2022年12月1,827円
2023年集計1,939円
2023年1月1,830円
2023年2月1,900円
2023年3月1,914円
2023年4月1,933円
2023年5月1,932円
2023年6月1,932円
2023年7月1,931円
2023年8月1,925円
2023年9月1,945円
2023年10月1,971円
2023年11月2,016円
2023年12月2,042円
2024年集計2,069円
2024年1月2,069円

ヒジキ100gの最高値は2024年1月に2,069円、最安値は2019年11月に1,769円で最高値と最安値の価格差は300円ありました。コロナ禍前と比較した場合に115%平均価格が上昇しました。

出典

価格上昇率ランキング